同い年の人は今何%生きているか?を書きます(たとえば、男性で50歳ならば95.5%が生きている)(女性のデータも)

要約(っていうか、これだけ見れば必要にして十分):
(2017-03-05時点のデータ)
男性の場合
最新の表:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_03.pdf ←どの列のどのデータなのかを見つけるための手がかり→「50歳の人の生存数は100人中96 651 人 で 平均余命は32.36歳」<  目次ページ
あと何歳生きられるかのグラフ→ こちらのpdfの7ページの通り

女性の場合
最新の表:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_04.pdf ←どの列のどのデータなのかを見つけるための手がかり→「50歳の人の生存数は100人中98 034人 で 平均余命は38.07歳」<  目次ページ
あと何歳生きられるかのグラフ→ こちらのpdfの7ページの通り





詳細

理解しやすいように、50歳を例にQ&A形式で記述しています。でも、他のすべての年齢でもこのやり方でわかります。女性の場合もわかる。
 
「「「 
追記(2014-09-13):
厚生労働省のサイトのデータは 平成22年(=2010年=直近の国政調査年) のデータが最新のようです。なので、その情報源の範囲内での最新データは「最新のグラフ」や「最新の表」というリンク先を見るといいです。
」」」
 
質問:
私は50歳の男性なんですが、同じ年齢の人は、現在何%の人が生きていますか?つまり、今50歳の人で、幸いにも事故や病気やその他の理由で死んでいない人の割合を教えて下さい。

解答:
下記のグラフや表のとおりです。
すなわち、この表を見ると50歳の人の生存数が95,520人(100,000人のうち)と読める。
なので、
まとめ・・・50歳の人は95.5%が、まだ生存している (きれいな言い方をするなら、「幸いにして、事故や病気やその他で死なないで生きている」)。


10万人の男性は X才(横軸) ならば Y人(縦軸) 生存している。 たとえば、50歳の人は95520人が生存している
seru-haba-chousei-gazou_20120512122912.gif dansei-seizon-gurahu-2.jpg

 

上記のグラフのデータの元は下記URLの表です。下記URLの表で数値がはっきり確認できます。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/20th/sh01.html
 ・・・生命表(男)
平成17年データ(厚生労働省サイトで見れる最新データ。)
  どの列のデータなのかを見つけるための手がかり→ 50歳の人は95520人
  ↓
  ↓ new(2014-09-13時点)
  ↓
最新のグラフ: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/21th/dl/21th_02.pdf の6ページの前半
最新の表: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/21th/dl/21th_03.pdf
  ↓
  ↓ もっと最新(2017-03-05時点)
  ↓
最新の表:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_03.pdf ←どの列のどのデータなのかを見つけるための手がかり→「50歳の人の生存数は100人中96 651 人 で 平均余命は32.36歳」<  目次ページ
あと何歳生きられるかのグラフ→ こちらのpdfの7ページの通り


上のグラフと下のグラフはレイアウトがちょっと違いますが、同じパターンのグラフです。

 
女性のも、グラフにしました。
10万人の女性は X才(横軸) ならば Y人(縦軸) 生存している。 たとえば、50歳の人は97566人が生存している
josei-seizon-gurahu-2.jpg 
上記のグラフのデータの元は下記URLの表です。下記URLの表で数値がはっきり確認できます。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/20th/sh02.html
 ・・・生命表(女)
平成17年データ(厚生労働省サイトで見れる最新データ。)
  どの列のデータなのかを見つけるための手がかり→ 50歳の人は97566人
  ↓
  ↓ new(2014-09-13時点)
  ↓
最新のグラフ: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/21th/dl/21th_02.pdf の6ページの後半
最新の表: http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/21th/dl/21th_04.pdf
  ↓
  ↓ もっと最新(2017-03-05時点)
  ↓
最新の表:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_04.pdf ←どの列のどのデータなのかを見つけるための手がかり→「50歳の人の生存数は100人中98 034人 で 平均余命は38.07歳」<  目次ページ
あと何歳生きられるかのグラフ→ こちらのpdfの7ページの通り



以下(約10cmぐらい下)は補足説明です。あまり長く書くと混乱するのでとりあえず、ここで大きく区切ります。


















ただし、この表は2005年の統計です。
  ↓↓↓
  ↓↓↓ ←更新しました。
  ↓↓↓
現時点(2011-11-29)では、WEB上では私はこれしか見つかりませんでした。 → 上記の「new(2014-09-13時点)」のところに追加という形で更新しました。
でも、このような値は日本で戦争や伝染病や天変地異等で死者が大量に出ない限り現在の値とほぼ同じとみなされます。

補足:
東日本大震災は死者と行方不明者の合計(同年8月現在)・・・約20,000人
日本の人口・・・128,000,000人
20,000÷128,000,000=0.00015625
=0.0015%
100,000人のうちの何人かというと、
100 000 × 0.00015625 = 15.62500
なので、約15人
100人のうち何人かというと
0.0015人(5行上のパーセンテージと同じことです。)

補足:
ところで、この表が2005年の統計であるという証拠は
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/20th/sh02.html
で示す男性の平均寿命の値と
「あ」のページの表の0歳の平均余命と
が一致していることである。(「平均寿命」の定義が「0歳の平均余命」だから)


検索キーワード: 同年齢 死亡者数 生存率 死亡率 年齢別

関連リンク:
平均寿命の国際比較















■    
 
スポンサーサイト
[ 2017/05/27 09:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://superportal555.blog.fc2.com/tb.php/6-68eb37be